ジブリ「魔女の宅急便」の無料動画をフル視聴する方法!

ジブリ映画『魔女の宅急便』

1989年に公開されたジブリアニメ『魔女の宅急便』

13歳の新米魔女・キキが両親のもとを離れ、見知らぬ土地で奮闘する、「もう少しだけ、頑張ろう」と思わせてくれる“応援映画”。

たくさんの人に愛されるジブリアニメ『魔女の宅急便』を無料で視聴できるのはどこかと調べてみたところ、《TSUTAYA DISCAS(ディスカス)》だけしかないことが判明しました!

 

▼今すぐ無料視聴できるのはココ!▼

無料視聴はこちら
《TSUTAYA DISCAS / TV》

TSUTAYA DISCAS / TV》は30日間無料お試しOK!
無料期間中に解約すれば、違約金もなく
簡単に解約できます

 

以下に詳しく説明していきたいと思います!

ジブリ『魔女の宅急便』の動画を無料でフル視聴する方法

まずは、ジブリアニメ『魔女の宅急便』を配信している動画配信サービスはどれだけあるかを探してみました。

ジブリ『魔女の宅急便』の動画配信状況

ジブリアニメ『魔女の宅急便』”動画として配信”しているサービスはないようです。


~ジブリアニメ『魔女の宅急便』動画配信状況(横にスクロールします)

配信の有無 無料期間 月額利用料(税抜き) 配付ポイント
U-NEXT × 31日 1,990円 600P
FOD × 2週間 888円 1300P
Hulu × 2週間 933円 なし
TSUTAYA DISCAS / TV 〇 / × 30日 2,417円  ※1 1100P(動画にのみ使用可)
dTV × 31日 500円 なし
Amazonプライム・ビデオ × 30日 455円 なし
Netflix ×(海外のみ配信あり) なし 800円 なし

〇:無料視聴可能|△:課金が必要 |✕:配信なし
最新の配信状況は各サービスHPにてご確認ください。

※1 TSUTAYAの料金体系は
動画見放題&定額レンタル8:2,417円(税抜)
動画見放題プランのみ:933円(税抜)
定額レンタル8のみ:1,865円(税抜)

TSUTAYA DISCASのおすすめポイント

ジブリアニメ『魔女の宅急便』は動画配信で視聴するのは難しく、TSUTAYA DISCAS(ディスカス)/ TV「DVD/BD」をレンタルして視聴するしかいまのところ方法はないようです。

‥‥というと「借りに行くのはめんどくさいし、返しに行くのはもっとめんどくさい~!」と思われてしまうかもなのですが(^^ゞ

実はTSUTAYA DISCAS(ディスカス)/ TV

ネットで借りたらうちの郵便受けまで届く
返却は近くの郵便ポストに投函するだけ

という超お手軽システムなので、お出かけついでにポイッとポストに返せるのです。

初回登録時は”無料お試し期間”30日間もついてきますので、ジブリアニメ『魔女の宅急便』を無料でレンタルできます♪

 

▼今すぐ無料視聴できるのはココ!▼

無料視聴はこちら
《TSUTAYA DISCAS / TV》

TSUTAYA DISCAS / TV》は30日間無料お試しOK!
無料期間中に解約すれば、違約金もなく
簡単に解約できます

 

TSUTAYA DISCASならジブリアニメの話題作が無料でレンタル可!

TSUTAYA DISCAS / TVでは無料期間中、準新作とかなら月8枚まで、旧作なら借り放題!

ジブリアニメの話題作をいっぱい楽しむことが出来ます!

 

ジブリの今までの歴代アニメも、ほぼ旧作なので無料でレンタルできます!

どれもタイトル見るだけですぐに絵が思い浮かぶほど有名な作品ばかり。ジブリアニメ無料で借りれるなんて、めっちゃお得です!

 

▼今すぐ無料視聴できるのはココ!▼

無料視聴はこちら
《TSUTAYA DISCAS / TV》

TSUTAYA DISCAS / TV》は30日間無料お試しOK!
無料期間中に解約すれば、違約金もなく
簡単に解約できます

 

ジブリ『魔女の宅急便』動画内容の詳細

ジブリ『魔女の宅急便』のあらすじ

魔女の子は、13歳になると一人前の魔女になるために1年間の修行に出なければならず、人間の父親と魔女の母親を持つ13歳の少女キキもまた、黒猫ジジを連れて父母のもとを旅立つ。

海辺の町、コリコを修行の場に選んだキキは、親切なパン屋のおかみのおソノさんのおかげで、唯一使える魔法である、ホウキで空を飛ぶ能力を使って荷物配達の仕事を始める。

初めての仕事では、途中の森に荷物を落とすなどトラブルを起こしつつも何とか仕事を無事終了。女子画学生のウルスラや、少年トンボともお友達となり、少しずつ仕事にも慣れていくキキだったが……。

『RAKUTENブックス』より

ジブリ『魔女の宅急便』の声優キャスト・主題歌・スタッフ

声優キャスト

キキ / ウルスラ:高山みなみ
ジジ:佐久間レイ
コキリ:信沢三恵子
おソノ:戸田恵子
トンボ:山口勝平
バーサ:関弘子
オキノ:三浦浩一
老婦人:加藤治子

主題歌

オープニングテーマ:
「ルージュの伝言」

作詞・作曲 – 荒井由実

エンディングテーマ:
「やさしさに包まれたなら」

作詞・作曲 – 荒井由実

スタッフ

監督:宮崎駿

プロデューサー・脚本:宮崎駿

音楽:久石譲
音楽演出:高畑勲
作画:大塚伸治/近藤勝也/近藤喜文
美術:大野広司
色彩設計:保田道世

ジブリ『魔女の宅急便』ネタバレ感想

~~~以下ネタバレ注意!~~~

キキは13歳魔女として生きていくためには「満月の夜に家族の元を離れ、魔女のいない町で修行をする」という魔女のしきたりがあり、独り立ちをしなければなりません。

人間の父親魔女の母親から愛情いっぱいに育てられたキキ。飛び立つその夜、母親からほうきを受け取り、相棒の黒猫・ジジと共に新たな土地を目指し旅立ちます。

宮崎駿監督が描くお父さんは「どのお父さんも優しそう」という印象がありますが、「魔女の宅急便」のお父さんと「となりのトトロ」のお父さんは断トツですね☆)

キキが選んだ町は「海に浮かぶ大都会・コリコ

田舎生まれのキキには見るもの全てが新しく、都会の街並みにウキウキしていたキキ。しかしそんなキキの想いとは真逆で、町の人たちは魔女に慣れておらず、どこか冷たく感じます。

相手にされないキキは落ち込みましたが、ひょんな事からグーチョキパン店の奥さん・おそのさん夫婦に出会い、パン屋の離れに住まわせてもらいながら、パン屋さんで宅急便を始める事になったのです♪

最初は仕事の依頼もなく落ち込むキキでしたが、徐々に仕事が増え始め生き生きとしていくキキ。

そんな中、相棒のジジにそっくりな猫のぬいぐるみを配達に頼まれますが、配達中に森に落としてしまいます。そのぬいぐるみを絵描きのウルスラという少女が拾ってくれたのですが、ぬいぐるみは落ちた衝撃とカラスに遊ばれ、綿が出てしまっていました。

ウルスラとキキは交換条件で、キキはウルスラの部屋の掃除を、ウルスラはぬいぐるみを直してくれました。その後ぬいぐるみは無事に届けられました。ウルスラは森の中で一人たくましく生活をしており、キキがスランプの時に助けになってくれる一人です。

また忘れてはならない出会いのひとつに、人力飛行機の製作をしている少年・トンボがいます。

トンボは空を自由に飛ぶ魔女のキキに興味津々で、町で見かける度キキに話しかけますが、馴れ馴れしく話しかけてくる姿に、軽々しいと感じていたキキは警戒していました。その後トンボの楽観的な考えや、しっかりとした夢がある事に気づき、徐々に心を開いていきます。

トンボからパーティーに誘われキキも嬉しく思うのですが、その日はちょうど仕事が沢山入っていました。大慌てで仕事を片付けていく中、キキは品のある一人の老婦人と出会います。

孫のためにと「ニシンのパイ」を作っていた婦人。オーブンが故障しており諦めようとしている中、キキは何か出来ればと、薪オーブンでパイを焼く事にします。

雨の中なんとかパイを届ける事が出来たキキでしたが、婦人と懸命に作ったパイも、孫に「このパイ嫌いなのよね」と言われ深く落ち込み、パーティーには行かずそのまま離れに帰ってしまうのです。

そこからひどい風邪を引き、体調だけではなく話が出来たジジとも会話が出来なくなり空を飛ぶ事も出来なくなってしまい完璧にスランプに陥ってしまうキキ。

魔法が使えなくなってしまったのです。そんな中、ウルスラがキキを訪ねてきて・・・?!

最後は大きな事故が起こり、大切な人を守るために魔法を取り戻すキキの、迫力満点の飛行シーンに胸を打たれます!街の人たちも一丸となって、キキに声援を送ります。

果たしてキキは、魔法でみなを幸せにすることができるのでしょうか?

~~~以上ネタバレここまで!~~~

濃厚な冒険ストーリー『魔女の宅急便』。

キャッチコピーは「おちこんだりもしたけれど、私はげんきです。」

スタジオジブリにおける、宮崎駿監督の長編映画としては初めての試みとなる、”他者の原作による作品”としても話題になった本作。

”自分の中の好きなスタジオジブリ作品ランキング”トップ5以内には入っている人が多いのではないでしょうか?☆

13歳の少女が、全力で”自立”していく姿に、心が揺さぶられます。

初見の人にとっては、”魔女”というワードから、ファンタジー要素強めの、どこか別世界の物語と思われてしまうかもしれないのですが、魔女見習のキキはごく普通の女の子ですし、魔女だからと言ってチョチョイのチョイで全て問題を簡単に解決していくわけでも全くなく、ただただ”一生懸命頑張ってる女の子の冒険物語”なのです。

ジブリ『魔女の宅急便』では、誰しも壁にぶつかった事がある、まさに“あるある”を上手に描いていて、自分に重ねて観ている人も多いと思います。

その壁をどう乗り越えていくか。

やはりそれには「人との出会い」が少なからず関係してくるのではないでしょうか。相手が何気なく言った言葉に、背中を押された事もあるでしょう。

スランプに陥った時、どうするか。

「そんなときはジタバタするしかない」というメッセージも分かりやすいと思いました。

どんなに好きでも突然何もできなくなってしまう時期が訪れます。どんな時にも優しく気を使ってくれ応援してくれる人たちがいる。その人たちのためにもいま自分が熱中し、応援してもらっていることに感謝しなければいけないと気づかされます。

また何よりキキが飛ぶシーンが迫力満載です。こちらまで飛んでいるような臨場感。景色や色彩の綺麗さ。さすがジブリの作品と改めて気づかされます。

加えて、テーマソングには”ワクワクするような少女の冒険”の描写にピッタリの、荒井由実『ルージュの伝言』『やさしさに包まれたなら』が起用され、それが余計に世界観を鮮やかに彩っています。

新たな環境に早く慣れようと頑張る姿に胸を打たれる場面、“スランプ”に陥った時抜け出そうともがいている姿、「人との出会い」に感謝して頑張る姿。

ストーリーはファンタジーな冒険物語ですが、たくさんの人が「新生活」を迎える今の時期に、ポンと背中を押してくれるとも言えます☆

何か新しいことに挑戦するとき、なかなか上手くいかないことがあるとき。是非繰り返し観てみてください!

 

▼今すぐ無料視聴できるのはココ!▼

無料視聴はこちら
《TSUTAYA DISCAS / TV》

TSUTAYA DISCAS / TV》は30日間無料お試しOK!
無料期間中に解約すれば、違約金もなく
簡単に解約できます

 

まとめ

今回はジブリアニメ『魔女の宅急便』無料お得に視聴する方法について、ご紹介しました。

TSUTAYA DISCAS(ディスカス)/ TVの無料お試しを使えば、紹介した作品以外にも、たくさんのジブリ名作アニメが無料で視聴出来てめちゃくちゃお得です♪

ぜひこの機会に”無料お試し”を体験して、動画配信サービスを楽しんでくださいね!