映画「忍びの国」の動画フルを無料視聴できる動画配信サイト紹介!

忍びの国

観ていてとてもワクワクする、“侍vs忍び”のド派手なアクションと頭脳戦を描いた映画『忍びの国』

「天正伊賀の乱」実話を基にした歴史小説を大野智主演で実写化した、一大戦国エンターテイメント”逆転劇”映画です。

今回、映画『忍びの国』無料で視聴する方法を調べてみたところ、TSUTAYA DISCAS(ディスカス)しかないことが判明しました!

 

▼今すぐ無料視聴できるのはココ!▼

無料視聴はこちら
《TSUTAYA DISCAS / TV》

TSUTAYA DISCAS / TV》は30日間無料お試しOK!
無料期間中に解約すれば、違約金もなく
簡単に解約できます

 

以下にて詳しく説明していきます♪

映画「忍びの国」の動画フルを無料視聴する方法!

まずは、映画『忍びの国』を配信している動画配信サービスはどれだけあるかを探してみました。

映画『忍びの国』の動画配信状況

大野智主演「忍びの国」を視聴できるのは、TSUTAYA DISCASでのDVD/BDレンタルしかないという結果になりました。

ただ「DVD・BDをレンタルしないといけない」と言われると、正直なところ「めんどくさいかも(^^ゞ」となってしまうかもしれません。。。

でも実は、TSUTAYA DISCASってかなり使い勝手がいいのです!

そこで今回は、大野智主演「忍びの国」が視聴できるTSUTAYA DISCAS(ディスカス)/ TVについてご紹介したいと思います♪

 

~大野智主演「忍びの国」動画配信状況~(横にスクロールします)

配信の有無 無料期間 月額利用料(税抜き) 配付ポイント
U-NEXT × 31日 1,990円 600P
FOD 2週間 888円 1300P
Hulu × 2週間 933円 なし
TSUTAYA DISCAS / TV 〇 / × 30日 2,417円  ※1 1100P(動画にのみ使用可)
dTV × 31日 500円 なし
Amazonプライム・ビデオ × 30日 455円 なし
Netflix × なし 800円 なし

〇:無料視聴可能|△:課金が必要 |✕:配信なし
最新の配信状況は各サービスHPにてご確認ください。

※1 TSUTAYAの料金体系は
動画見放題&定額レンタル8:2,417円(税抜)
動画見放題プランのみ:933円(税抜)
定額レンタル8のみ:1,865円(税抜)

TSUTAYA DISCASのおすすめポイント

まずは、私がTSUTAYA DISCAS(ディスカス)/ TV》特にオススメだなと思うポイントをご紹介♪

TSUTAYA DISCAS(ディスカス)/ TV オススメポイント♪
  • 無料お試し期間が長い!(30日間)
  • 無料期間中に「動画見放題」「定額レンタル8」の2サービスを同時に無料で試せる
  • 「動画見放題」は約10,000本以上の作品が見放題!
  • 「動画見放題」は動画ポイントが1080円分付与される
  • 「定額レンタル8」DVD・BD・CDがレンタル可♪
  • 他の動画配信サービスでは視聴できない作品レンタルできる!
  • レンタル商品は自宅まで届き、返却はポストに投函でOK♪送料無料で非常に便利!
上記の7つが特にTSUTAYA DISCAS(ディスカス)/ TVのおすすめポイントだと思います♪

本作「忍びの国」もそうなのですが。。。

例えば、著作権の厳しい「スタジオジブリ・アニメ映画」や、新作映画の公開時期だけ旧作も動画配信されるけれど普段は配信されない『劇場版コナンシリーズ』ジャニーズ出演の映画などもなかなか動画配信されていません。

そういう”動画配信されない作品”を視聴したい場合は、ぜひTSUTAYA DISCASDVD・BD在宅レンタルサービスを利用してくださいね!

 

無料お試し30日間ありますので、無料期間中に解約したら無料で済ますことが出来ます♪

TSUTAYA DISCASなら大野智出演の他作品もお得にDVD/BDレンタルできる!

TSUTAYAレンタル可・大野智出演作

《大野智》出演の他作品

最後の約束
魔王
怪物くん
鍵のかかった部屋
・ピカ☆ンチ LIFE IS HARDだけどHAPPY
・ピカ☆☆ンチ LIFE IS HARDだからHAPPY
・ピカ☆★☆ンチ LIFE IS HARDたぶんHAPPY
・黄色い涙
・歌のおにいさん
・0号室の客
・怪物くん 完全新作スペシャル‼
・映画 怪物くん
・もう誘拐なんてしない
・鍵のかかった部屋 SP
・死神くん
・世界一難しい恋
・24HOUR TELEVISION ドラマスペシャル2013 今日の日はさようなら

上記の作品のほとんどが「他の動画配信サービス」では視聴できず、DVD・BDレンタルでしか観ることができません。

旧作のドラマなどは、無料期間中も枚数のしばりなく借り放題なので、ぜひこの機会に大野くんの「魔王」「鍵のかかった部屋」「怪物くん」など一緒にまとめてレンタルしてみてはいかがでしょうか?

 

▼今すぐ無料視聴できるのはココ!▼

無料視聴はこちら
《TSUTAYA DISCAS / TV》

TSUTAYA DISCAS / TV》は30日間無料お試しOK!
無料期間中に解約すれば、違約金もなく
簡単に解約できます

 

実写映画「忍びの国」動画内容の詳細

実写映画「忍びの国」あらすじ

時は戦国。魔王・織田信長は諸国を次々と滅ぼし、勢力を拡大していた。次に狙う伊勢・北畠家には次男の信雄を送り、日置大膳、長野左京亮らの重臣ともども、支配下におくことに成功した。特に日置大膳はその武勇が織田家に轟くほどの猛者で、織田の軍勢はさらに盤石なものとなった。

今や織田家の天下統一は目前であった。しかし、その織田信長でさえ攻め入らなかった国がひとつだけあった。それは伊勢の隣国・伊賀。伊賀に棲むのは人を人とも思わぬ人でなしの忍者衆で、“虎狼の族”と呼ばれて恐れられていた。そんな忍者のひとり、無門は、“どんな堅牢な門でも彼の前では意味をなさない”と形容されるほどの凄腕の持ち主だが、普段は無類の怠け者で、女房のお国の尻に敷かれる毎日を送っていた。
一方、腕は無門に匹敵する伊賀忍者の下山平兵衛は、家族の命でさえも粗末に扱う伊賀の考えに疑念が生じ、故郷の伊賀こそ滅亡すべきと考えるようになっていた。そしてある日、ついに織田軍が伊賀討伐の兵を挙げる。下山平兵衛が祖国を裏切り、伊賀への手引きを行ったのだった。

最強織田軍 対 伊賀忍び軍

圧倒的な戦力で伊賀に攻め込む織田の軍勢。伊賀は武力・兵力では到底かなうはずもない。しかし、無門率いる忍びの軍団は誰も想像できない秘策を用意して織田軍に対抗するのだった!

『東宝 忍びの国』より

実写映画「忍びの国」キャスト・主題歌・スタッフ

「忍びの国」キャスト

無門      大野 智
お国      石原さとみ
下山平兵衛   鈴木亮平
織田信雄    知念侑李
長野左京亮   マキタスポーツ
北畠 凛     平 祐奈
下山次郎兵衛  満島真之介
下山甲斐    でんでん
音羽の半六   きたろう
百地三太夫   立川談春
北畠具教    國村 隼
日置大膳    伊勢谷友介

「忍びの国」キャスト

主題歌:嵐「つなぐ」

「忍びの国」スタッフ

原作・脚本:
和田 竜(『忍びの国』新潮文庫)

監督:中村義洋

ナレーション:山﨑 努

音楽:髙見 優

映画「忍びの国」ネタバレ感想

2017年7月に公開された映画「忍びの国」は、2008年に出版された歴史小説を元にした〝実写映画”です。

嵐の大野智時代劇初主演を務めたことで、公開当時とても話題になりました。

「のぼうの城」「村上海賊の娘」など、時代劇小説でベストセラーを連発する人気小説家の和田竜の原作と、「チーム・バチスタの栄光」の中村義洋監督による、この上ないコラボの〝忍者映画”である本作。

「天正伊賀の乱」を基にした一大戦国エンターテイメント映画。
嵐の大野智が主演を務める”織田家vs戦国忍者軍団逆転劇”の幕が開く。
歴史に秘められたその謎がついに解き明かされる!

原作小説は映像にすると3時間半から4時間程のボリュームだった(!)ため、登場人物やシーンを大幅に整理して2時間分におさめたとのこと。ですが、それでも映画は充分過ぎるくらい贅沢な創りになっています。

主演の大野智にとっては、大ヒット作『映画 怪物くん』以来の6年ぶりの主演映画。アクロバット、ワイヤー、ダンスなども交えた、全く新しい忍者アクションを披露しています♪


”時代劇”では王道な、けれど観ていてとてもワクワクする「The 逆転劇」。

織田信長の次男・信雄が伊賀国を支配しようとした際に、忍者に苦戦した「天正伊賀の乱」実話を基に、ストーリーが展開されていきます。

物語の舞台は伊賀の国。別名「忍びの国」

忍者の住処となっていたこの国は、くだらないことで「戦い」と口にしては命を捨てています。

その日もまた、伊賀国の下山砦では、伊賀の小領主(上忍)の一人である百地三太夫が数十名の下忍を従え、同じく小領主である下山甲斐の砦へと攻め入っていました。

小領主の1人で百地三太夫に雇われている無門は、普段は怠け者でありながら、お金の為なら伊賀一の忍びに早変わりするお調子者。

一方で忍者の腕はピカイチで、「無門」という名前の由来の通りどんな堅牢な門でも破ってしまうという一目置かれる存在です。

また無門には、お国という妻がいました。

数年前、安芸の国で武家の家に忍びに入った時、一目惚れして「銭には困らないから妻になれ」と連れ帰っていたのですが、無門は稼ぎが全くないため家に入れてもらえない日々。

無門はお国には惚れた弱みで頭が上がらない様子。そんな無門とお国のクライマックスシーンも必見です(о´∀`о)

実際に起きた「天正伊賀の乱」を、かなりスタイリッシュに表現し、アクション多めで描いています。

無門率いる戦国忍者軍団VS織田家の、想像を越えるすさまじい逆転劇!

最後の最後まで目が離せない作品となっています♪


本作「忍びの国」は主演が大野智、また後輩の平成ジャンプの知念侑李ら〝ジャニーズ″が出ている映画ですので、「ジャニーズ映画」と呼ばれてしまいがちですが、今回の時代劇は一味も二味も違う壮大なスケールとなっています。

中だるみする事なくテンポも良く、2時間があっという間です!

信雄の悲哀なシーンや、忍びをコミカルに見せてくれたり、平兵衞との対決などの大野智のアクションシーンも素晴らしいです。

またラストが近づくにつれ、無門の表情の変化や、大野智の演技には思わず引き込まれてしまいます。

老若男女問わず、幅広い世代に見やすい映画の仕上がり。

原作の内容を変えて実写映画化する作品は、ほぼ残念な結果になる事が多いですが、この作品は原作に忠実であるため、そういう意味では批判的意見は少なかったです!

Twitterには原作ファンをはじめ、沢山の声があがっています♪

https://twitter.com/key3104/status/886867164648488962

https://twitter.com/momonga1267/status/886935104211238917

勝つか負けるかだけでなく、原作がしっかりあるので”ストーリー”も奥深さがあり、笑えて泣けて飽きることなくあっという間に見終わる作品です!

是非見てみて下さいね♪

 

▼今すぐ無料視聴できるのはココ!▼

無料視聴はこちら
《TSUTAYA DISCAS / TV》

TSUTAYA DISCAS / TV》は30日間無料お試しOK!
無料期間中に解約すれば、違約金もなく
簡単に解約できます

 

映画「忍びの国」視聴者のレビュー

20代・女性

大野智さん演じる無門は基本的には怠け者でやる気もなく、人を殺すことにも何のためらいもないような、まさに人でなしの虎狼の族そのもののような忍者だったのが、奥さんであるお国には頭が上がらず家を追い出されていたり、もっと稼ぎなさいと説教をされていたり、かなり尻に敷かれていて反応が可愛らしかったりと、そのギャップがとても好きです。

そして戦いとなると一番活躍して右に出るものはいないほど強く、逃げ出そうとする伊賀の忍者たちに呼びかけるシーンや、着替えながら移動しどんどん集まる仲間たちの先頭に堂々と立つ無門のかっこ良さに鳥肌が立ちました。

一方で同じ伊賀の忍者として生まれながら弟をただの小競り合いで殺され、目の前で自分の息子が殺されておきながら平然としている父に絶望し敵である織田軍側につく平兵衛がとても人間らしく、その平兵衛と一対一の勝負をした無門が平兵衛の気持ちを理解し影響を受けて人間らしくなったのがとても印象的です。戦いのシーンも迫力があり二人だけの空間のようになるシーンではこちらも集中して魅入ってしまいました。そしてやはりラストのシーンが一番印象に残っていて人間らしくなった無門だからこその結末で胸が苦しくなりました。とても大好きな映画です。

40代・女性

嵐の大野君が好きな人は見た方がいい映画だと思います。アクションシーンも難なくこなしてしまうのであまり凄さを感じさせないところはありますが、主人公のパーソナリティーをよく表現していて上手いなと思います。

普段時代劇を見ないような人でも比較的わかりやすい話なので、世代を問わず見られそうな映画だと思いました。反対に時代劇ファンには話が軽くて物足りないところもありそうな気がしていますが、それはそれで楽しめそうです。当時の忍者がどのような生活をしていたのか思いを馳せることもできましたし、現代の人にも通じる要素(家族関係など)も垣間見ることができます。

そして1番の見所はなんといっても戦闘のアクションです。大野君に限らずどの役者さんもカッコよく見えてすごいなと思わせてくれます。小さな子供には見せられないようなシーン(血生臭い描写)もあるのでほんわかしたい人には向かない映画ではありますが、戦闘シーン好きの人やアクションシーンが見たいと思う人にはうってつけの映画です。ほぼスタントマンの立て替えなしでキャストが演じている所にも注目してみて欲しいなと思いますし、海外の武術やスポーツの要素も取り入れてのアクションはとても興味深いです。

30代・男性

時代背景が戦国時代、特に織田信長が各地に侵攻する最も勢いがあった時を舞台としているので、歴史好きには非常に楽しめる作品となっています。また、主役は武将といった武士ではなく、忍者たちをメインに描き、大名といった武将の下で働くといったストーリーではなくて忍者同志の思惑や策略が描かれていたので、違った歴史背景が見られた作品だったからストーリーも楽しめました。

さらにあまりシリアスな感じもなく、時代劇特有の堅苦しさというものがなかったので非常に見やすく、特に主演の大野智が最強の忍者でありながらコミカルなキャラクターだったからシリアスなシーンでもクスッと笑えました。また、大野智が終始、石原さとみ演じる妻に尻に敷かれている姿が面白かったです。しかし、感情のない忍者だった大野智が実は石原さとみを愛していたというのが分かった時には結構、キュンとしてしまいました。

そして、この作品ではアクション性も非常に高いと思いました。格闘シーンも迫力があり、合戦のシーンでは臨場感がありました。中でも印象的だったのが、終盤の同じ忍者であった鈴木亮平と決闘するシーンでは手に汗を握る感じで見ごたえがあって非常に面白かったです。

40代・女性

いわゆる忍者らしさを求めているといい意味で裏切られます。何しろ主人公は忍術は優れているもののやる気がない男、大野君の祖先なのではというくらいにそのままのキャラクターなのです。なぜか彼だけ現代語で喋っているので、本当にタイムスリップしたかのようです。ご主人様に忠誠心を誓っているわけでもなく大切なのはお金、銭さえもらえるなら何でもやるぞといった雰囲気がぷんぷん臭ってきて、笑えます。

織田信長なども出てきて史実を織り交ぜたドラマ、川のシーンなどは迫力もあります。ですがごく普通の時代物とは違うのは対サムライではなく伊賀忍者が相手となるからでしょうか。身体能力を駆使した戦法も絶妙、今までにない戦闘シーンが面白かったです。それを演じきれる大野君がすごい、さすがジャニーズ・身体能力半端ありません。

そして石原さとみさんが美しい、お侍の娘というのもうなづける気高さです。さらってこられた相手なのにしっかり相手を尻の下に敷いて、彼女ならば納得でした。コメディタッチの忍者もの、ありです。原作も見てみたいと思えました。見せ場も其処ここにあり、飽きることなく最後まで楽しめました。忍術って手品みたいなのを想像していたのですが、こういうものなのですね。

30代・女性

嵐・大野智さんが主役、石原さとみさんがヒロインを演じている『忍びの国』。歴史映画というと、どちらかといえばご年配の方が多く観に行っていたり、堅苦しい印象がある方も多いかもしれませんが、全編通じて現代語で話が進み、歴史背景も地図やナレーションでわかりやすく説明をしてくれるので、何も知らない状態でもすぐ楽しむことができる映画です。

大野さん演じられる無門は、伊賀忍者の中でもとても優秀な忍びなのですが、本人はあまりやる気がなく、すぐ銭を要求してくる面白いキャラクターです。本気を出せば強いのに、本気を出すまでが飄々としていて掴みどころがない無門ですが、惚れた女であるお国さんには全く頭が上がりません。最強なのに、惚れた女性には弱い。キャラクター作りがとても漫画寄りなので、そういった意味でもとっつきやすい作品だと思います。

他にも、たくさんに伊賀忍者が出て来るのですが、武器も性格も個性豊かで、「推し忍者」(応援したい忍者)が見つかるかもしれません。戦国時代、忍び達がどう生きていたのか。どうやって生きてきたのかを考える、きっかけにもなる作品です。実際にあった歴史的な戦いが描かれているので、映画を観終わった後に、実際の場所に訪れる聖地巡礼をするのも、とても楽しめました。

原作となった小説、漫画版とは少しストーリーが違う部分もあるので、その違いを楽しむのも良いと思います。アクションシーンはグロテスクな表現もなく、どちらかといえばポップに、コミカルに描かれている部分が多いので、アクションシーンの血が苦手という方も、気軽に楽しめます。

50代・女性

伊賀一の凄腕を持つ忍者でありながら、怠け者の性分である無門が大野さんのイメージにあっており大野さんと無門さんが一体化してみることが出来ました。恐妻家である主人公の演技も演技ではなくリアルに感じることが出来ました。伊賀の忍者になるために子供たちが訓練しているシーンは忍者の厳しさが伝わって来て凄いなと思いました。子供が命がけで訓練をしているシーンも大野さんの持つ雰囲気で重たすぎずに見ることが出来ました。

時代劇でありながら現代の社会に通ずる部分が多くあり共感することが出来ました。無門というやる気がないけど、忍術に秀でたキャラクターがとても合っており大野さんのための役のような気さえしました。コミカルさや歴史物として難しすぎずテンポがよく楽しみながら映画を楽しむことが出来ました。無門とお国のシーンがあまりなかったのが少し、残念で二人のやり取りのシーンがもっと見たかったです。主役の無門が深刻な場面でも力を抜いた感じであるのが逆にリアルさを感じました。

終盤の大野智と鈴木亮平の決闘シーンは物凄い迫力がありこのシーンが一番印象に残りました。大野さんの持つ雰囲気が最大限に生かされた映画で楽しみながら最後まで見ることが出来ました。。

 

▼今すぐ無料視聴できるのはココ!▼

無料視聴はこちら
《TSUTAYA DISCAS / TV》

TSUTAYA DISCAS / TV》は30日間無料お試しOK!
無料期間中に解約すれば、違約金もなく
簡単に解約できます

 

まとめ

今回は、大野智主演の歴史小説実写化映画「忍びの国」無料でお得に視聴する方法を紹介しました♪

《TSUTAYA DISCAS / TV》30日間無料お試しはかなりお得なシステムだと思います♪

ぜひこの機会に「忍びの国」だけでなく、他にもいろんなDVD・BDを一緒に借りて、満喫してくださいね!